OFFICE OF RYUE NISHIZAWA 
 NEWS   PROJECTS   house 
 apartment 
 museum 
 station 
 exhibition space 
 office 
 music hall 
 renovation 
 interior 
 hotel 
 ABOUT US   PUBLICATIONS   CONTACT 
Weekend House
 この建物は東京から車で約2時間ほどの集落に建つ週末住宅である。集落の背後にある傾斜した林の中腹の,平らな広い窪地のほぼ中央に建っている。施主からは,画家である娘さんの作品を展示できるスペースを合わせもつ週末別荘が望まれた。また周辺は人気がない寂しい場所で,安全上窓が少ない建物を望まれたので,コートハウス型の建物としている。構成としては,和室やキッチン,暖炉などの各用途を2.4m× 2.4 mの架構ユニットに対応させて,このユニットが均等に反復することで全体をつくり,その中に光庭を三つ入れて,各スペースを分けている。この光庭によって,採光と通風を室内に与えると同時に,外の緑の風景が天井とガラスの反射で室内全体に広がっていくように考えている。ガラスに映り込む緑の映像が顕在化するに従い,室内を見通す透過度が落ちていく。外の風景が室内に入り込んでくることによって,平面図が示すワンルーム空間よりも複雑で不透明なスペースができあがるのではないかと考えた。